各種療法

電気療法

アストロン

denki_01

症状にあわせたコンビネーションや、ランダムアクセス波とアムキューブウエーブを使用し、超音波との組み合わせにより多くの治療が可能です。
マルチプローブが奏でる刺激で、広範囲のアプローチが可能、複数の高速マルチスキャンを実現、さらに、周波数変更及び出力グローブの切り替え制 御によって定在波を抑制し、プローブの移動を必要としない治療を実現しております

denki_02

浅層の軟部組織に効果的な3MHzと深層の軟部組織に効果的な1MHzの異なる音波を同時に流す事で、表層から深層までの より広い範囲をカバーできるため、今まで治療が困難だった疼痛にも効果的です。

denki_03

低周波刺激と超音波刺激を組み合わせることにより、靭帯・筋・神経に包括的アプローチが行えます。アイシングとの組み合わせでぎっくり腰などの急 性の痛みにも有効です。

SSP

「刺さない針治療器」の発想から開発された低周波刺激療法です。

低周波

ES-360

ES-360-gray

中周波3モードとマイクロカレントモードを搭載したITOポータブル治療器

干渉波

干渉波電流同士の二重干渉によって、増幅された大きな電気エネルギーを発生させ、神経・筋肉や骨・関節など、異なる治療に応える豊富なプログラムを搭載。

赤外線治療器

保険診療

RICE処置

RICE処置

Rest(安静)-痛めた部位の修復は、安静が一番。運動などしばらくの間、お休みしゆっくり休むことで組織修復の遅れ、二次損傷を防ぎます。
Ice(アイシング)-冷却することで血液の流れを抑え腫れ、炎症を抑えます。
Compression(圧迫)-適度な圧迫を患部に加えることで組織の修復を促します。
Elevation(挙上)-心臓より高く患部を上げて、血液の流れを抑え腫れを防ぎます。

RICE処置

 

怪我をして炎症がある時期は、急性期と言われています。
急性期はだいたい72時間。この時期にRICE処置をしっかり行うことで痛み、腫れ、そしてその後の経過が大きく変わってきます。

RICE処置

伝統ある厚紙固定からアルフェンス、プライトン、クラーメル、テーピングなど症状に合わせ固定を行っていきます。
きつすぎず、ゆるすぎず、きれいに巻けて落ちぬ包帯
(包帯の極意!!まだまだですが精進を続けます。)

保険外診療

体のゆがみ・筋肉の緊張・体の調整

hokengai_01

体のゆがみ、筋肉の緊張。体の調整も行っています。怪我をして処置をし、その後の予防、怪我しない体作りを提案させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。

  
  • お問い合わせ
  • 事故・労災・各種保険
  • よくあるご質問
  • 料金案内
  • ブログ

      池上駅前整骨院

ケンタッキービル東京都大田区池上6-3-9
池上パスビル4F

Tel:03-6410-3598

> アクセスマップはこちら